ZEH

ZEH普及に向けての取り組み目標

ZEH(ゼッチ)=ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス

『ZEH(ゼッチ)』という言葉をご存知ですか? 年間の一次消費エネルギーの収支がゼロとすることを目指した住宅のことを言います。 我が国では「エネルギー基本計画」(2014 年4月閣議決定)において、「住宅については、2020 年までに標準的な新築住宅で、2030 年までに新築住宅 の平均でZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の実現を目指す」 とする政策目標を設定されています。

有限会社信和設備工業のZEH(ゼッチ)普及目標

当社もZEH(ゼッチ)の普及に努めます。

平成28年度(2016年度) 全体棟数の20%

平成29年度(2017年度) 全体棟数の30%

平成30年度(2018年度) 全体棟数の35%

平成31年度(2019年度) 全体棟数の40%

平成32年度(2020年度) 全体棟数の50%

具体的なZEH普及策


ZEHの周知・普及に向けた具体策

ZEHビルダー登録者であることをホームページやチラシにて告知し、弊社が行っているイベントを活用しZEH基準・必要性を説明し、お客様の認知の向上を図り一般住宅の違いや創エネ住宅のメリットをアピールすることでZEH普及に努めていきます。


ZEHのコストダウンに向けた具体策

原価の見直しを行い、ZEH基準モデルプランを構築していきます。


その他の取り組み

高性サッシ・断熱を取り入れた高気密住宅を仕様として、省エネ住宅の普及に努めてきました。
オール電化、太陽光発電システムを導入することにより、更なる省エネ住宅のご提案も合わせて努めてまいりました。
今後も創エネや他再生エネルギー活用の採用も視野に入れ普及に努めていきます。